在宅ワーク特集

在宅ワークとは

在宅で仕事をする人が増えてきています。当サイトは在宅で仕事をする仕事の種類、在宅仕事のリスクやメリットについて解説しているサイトです。


在宅で仕事することは会社勤めの頃とは違い、ある意味でストレスがなく、ある意味では誰も見ていないのでダラダラしようとすれば際限なくできる危険性もあります。


在宅で仕事する種類には企業から仕事を受けるタイプと自ら起業して仕事するタイプに分かれますが、このサイトでは仕事を受けるタイプについて説明を加えていきます。


専門的な技術を持っている場合、仕事は比較的みつけやすいと言われてますが技術が秀でていない人の場合は仕事が見つかっても足元をみられて買い叩かれるケースがあります。在宅ワークで必要な項目や職種ごとのメリットやデメリットについて解説していますので参考にしてみてください。

副業としての在宅

本業を持ちながら空いた時間で在宅ワークで副業することも可能です。
この場合、副業としての仕事なので大規模な仕事を受注することは難しいですが小規模の仕事をうけることで継続的な収入を得ることもできます。


副業として需要の高いのは執筆などの文章起こしがあります。一文字いくらという単価での報酬なので数多くこなす必要もありますが依頼主の数もおおいので在宅仕事でのスタートとして始めるにはよいでしょう。


自分の経験を元にデザインや広告の副業をすることもできますが、この場合には相手との綿密な打ち合わせなど時間がかかるので本業の合間にこなすのは大変かもしれません。文章起こしと比べると仕事単価は高いので技術と経験がある人ならチャレンジするのもひとつの方法です。